« | »

2014.10.09

NL-Means Light for GPU で NR

さて、早速とNRありとなしでエンコードの比較してみました。

24分のTOKYO-MX放映アニメを2本、単純に NL-Means Light for GPU のありなしだけ変えてエンコードした場合のエンコード時間と出来上がりサイズを比較。

一応簡単に環境再録

マザー : AsRock FX990 Extreme3
CPU : AMD FX-8370
メモリ : Kingston PC-1600 8GB x 2
ビデオ : ATi RADEON HD5770 DDR5 1GB (C:850MHz/M:1200MHz)
SSD : Crucial MX100 512GB

結果、

■アニメ1
NRあり : 43分31秒/370MB
NRなし : 35分30秒/432MB

■アニメ2
NRあり : 42分39秒/352MB
NRなし : 36分40秒/417MB

と、バカバカしくなるぐらいの違いがでました。
大してエンコード時間も増えてないし今まで使って居なかったことをちょっと、、、いやすごく後悔するぐらいの差はありますよねw
GPUの処理に関しては RADEON HD5770 でもCPUが全コア100%に張り付いてたのでNRの計算において特にボトルネックにはならなかったようです。

概ね60MBの違いなので、1クール12話計算とするとそれだけで720MBの違いになります。2クールなら実に1.44GBの差に。これは大きい。
HDDもバカ安のため今まで録り溜めたオリジナルのソースは残してはいるのですが、さすがに全部エンコードし直しとかはやってられませんけどね( ´Д`)
NASの方もまだ余裕はあるけど、今のうちに削れるところは削っておきたい所。

ノイズが圧縮率の大敵である事は分かってはいたのですが、こうやってあからさまな数字を叩き付けられるとちょっと凹むw
でもまぁ、今回のPC故障は痛かったけど、そのおかげでこうして環境を見直す切っ掛けにもなったと言う事で怪我の功名と思う事にしましょう。

因みに以前書いたように、NRを軽くするために縮小リサイズを先に行っているわけですが、ついでだからリサイズを後にした場合も調べてみた。

■アニメ1
後リサイズ : 48分59秒/379MB

■アニメ2
後リサイズ : 48分43秒/361MB

うーん、こっちの方が正確なノイズ除去が出来るらしいし思ったよりは時間延びなかったけど、正直画質の違いは見た目じゃまずわからんしサイズも増えてるので先にリサイズしちゃう方向でいいかな。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

Comment feed

コメント





XHTML: 下記のタグが使用出来ます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。また、コメントは管理者の許可制のため投稿後すぐには反映されません。