2014.10.09

NL-Means Light for GPU で NR

さて、早速とNRありとなしでエンコードの比較してみました。

24分のTOKYO-MX放映アニメを2本、単純に NL-Means Light for GPU のありなしだけ変えてエンコードした場合のエンコード時間と出来上がりサイズを比較。

一応簡単に環境再録

マザー : AsRock FX990 Extreme3
CPU : AMD FX-8370
メモリ : Kingston PC-1600 8GB x 2
ビデオ : ATi RADEON HD5770 DDR5 1GB (C:850MHz/M:1200MHz)
SSD : Crucial MX100 512GB

結果、

■アニメ1
NRあり : 43分31秒/370MB
NRなし : 35分30秒/432MB

■アニメ2
NRあり : 42分39秒/352MB
NRなし : 36分40秒/417MB

と、バカバカしくなるぐらいの違いがでました。
大してエンコード時間も増えてないし今まで使って居なかったことをちょっと、、、いやすごく後悔するぐらいの差はありますよねw
GPUの処理に関しては RADEON HD5770 でもCPUが全コア100%に張り付いてたのでNRの計算において特にボトルネックにはならなかったようです。

概ね60MBの違いなので、1クール12話計算とするとそれだけで720MBの違いになります。2クールなら実に1.44GBの差に。これは大きい。
HDDもバカ安のため今まで録り溜めたオリジナルのソースは残してはいるのですが、さすがに全部エンコードし直しとかはやってられませんけどね( ´Д`)
NASの方もまだ余裕はあるけど、今のうちに削れるところは削っておきたい所。

ノイズが圧縮率の大敵である事は分かってはいたのですが、こうやってあからさまな数字を叩き付けられるとちょっと凹むw
でもまぁ、今回のPC故障は痛かったけど、そのおかげでこうして環境を見直す切っ掛けにもなったと言う事で怪我の功名と思う事にしましょう。

因みに以前書いたように、NRを軽くするために縮小リサイズを先に行っているわけですが、ついでだからリサイズを後にした場合も調べてみた。

■アニメ1
後リサイズ : 48分59秒/379MB

■アニメ2
後リサイズ : 48分43秒/361MB

うーん、こっちの方が正確なノイズ除去が出来るらしいし思ったよりは時間延びなかったけど、正直画質の違いは見た目じゃまずわからんしサイズも増えてるので先にリサイズしちゃう方向でいいかな。

2014.10.08

エンコード設定を見直してみる

正直、地デジメインになってMP4(x264+AAC)コンテナに落ち着いてからはx246.exeの更新ぐらいでAviUtlのフィルタ周りは全くいじっていなかった。

基本はHD放送の 1920x1440/1920x1080 を 1280x720 に縮小している。
使ってるフィルタと言えば、スキマ産業さんの「ResizeFilter」とBS氏作の「WarpSharp」を有志がマルチスレッド対応してこちらで再配布されている「WarpSharpMT」の2種のみという潔さ。

しかし、HD放送とは言え地デジなんかぱっと見は綺麗でも実際はかなりのノイズが乗っている。当時はCPUも貧弱でエンコード速度優先だったため少しでも早くするために、どうせ個人で見るだけなら多少のノイズは気にならないだろうとNR系のフィルタは使っていなかった。SD画質の再放送物は別だけどね。
それで安定していたもんで、環境見直しが面倒で「AMD Phenom II X6 1090T」な6コアCPUになってもそのままでいた。

しかし1280x720に落としてるとは言え1話24分前後のアニメは300~500MBのサイズにはなる。そんな折、TOKYO MXが2014年4月から24時間HD+SDのマルチチャンネル放送を始めた。今までHD放送の時は帯域を全部使用し、マルチ放送の時はSD+SD放送にしていたのだが、常時HD+SDになった関係でHD放送のビットレートがどうも下がっているようだ。つまりノイズが増えた。つまりエンコ後のサイズも増えた。
ブロックノイズはどうしようもないけど、塵も積もれば山となるが如くこれ以上サイズが無駄に増えるのは今後のことを考えると地味にキツイ。
よかった事と言えばわかさトラップが(多分)なくなったことぐらいか。

そこで、先日PCを組み直して8コアCPUになってから24分のエンコードが早ければ25分強、そうで無くても概ね35分前後で終わるようになったため、ここはひとつNRフィルタでノイズを綺麗にし、少しでも動画サイズを小さくしよう、と思い立ったわけです。
そしさっき気が付きましたけど「ResizeFilter」がVerUPしてAVXに対応してたwSSE2よりちょっと早いわw
 
■PC
CPU : AMD FX-8370
グラボ : ATi RADEON HD5770 DDR5 1GB (C:850MHz/M:1200MHz)

■x264周り
POP@4bit(現在サーバー再構築のためサイト縮小中の模様)
x264-r2409_win64_lsmash
MP4Box_0.4.6-r3745

rigayaの日記兼メモ帳
x264guiEx 2.20v2
 
以下、個人的な覚え書き的な感じ。フィルタかける順番もこの通り。
(後で画像にするかも)
■ResizeFilter (Ver.111020)
サイズ : 1280x720
輝度 : Spline36
色差 : Spline36
SIMD : AVX

■NL-Means Light for GPU (Ver.111125)
輝度空間 : 3
輝度時間 : 1
輝度分散 : 30
色差空間 : 3
色差時間 : 1
色差分散 : 40
アダプタ : 0
保護 : 0
Use UpdateSurface : ON

■WarpSharpMT (v1.33ex6)
depth : 60
blur : 3
dump : 128
cubic : -6
上 : 0
下 : 0
左 : 0
右 : 0
 
リサイズのSIMDには折角なのでAVXを使用。上でも書いたけど1:30のアニメオープニング動画で何度かテストした所、SSE2よりちこっと早かった。基本縮小なので、速度を稼ぐために先にリサイズしてNRの処理を軽くしている。
そしてそのNRには巷で最強という噂の「NL-Means」の軽量版「NL-Means Light for GPU Type-C」を使用。輝度分散はデフォの40だとちょっとボケ過ぎる気がしたので30に、保護はOFF。オリジナル版でもGPU利用なら実用に耐えないと言うほど遅くはは無かったけど、Light版でも現状問題無さそうなので今回はスキマ産業さんとこのこれを使用。オリジナル版はグラボ買い換えたら考えますw
んで WarpSharpMT、個人的には depth:60 でも細くなりすぎる気がするけどまぁ、それは個人個人の好みでしょう。

これで、大体24分物のエンコード時間が40分前後ほど。5分延びたかどうかって感じですかね。実質NRしかフィルタ増やしてないけどw
次回は同じソースをNRありとなしで時間を比べてみましょう。

まだもう少し調整するかもですが、基本はこの構成、設定で行こうと思ってます。
文才ないせいで読みにくいだらだらな文になってしまった。反省( ´・ω・)

2013.08.01

突然のわかさトラップ

気が付いたらもう8月じゃないですかーやだー
、、、は前にもやったな。

7/31に放映だった「ブラッドラッド」の第04話が25:00放映なのになぜかわかさトラップに引っかかっていた。
番組表を確認して見ると、どうやら今週はお好きな人にはたまらない「Free!」が放映していないようで、マルチ放送枠が25:00まで拡大していた。

さすがにそんな変則技には自動対応出来なかったZe
まぁ、録画自体は出来てるので全然問題無いんだけどね。

2013.07.06

貴婦人と一角獣展

六本木の国立新美術館で開催中の「貴婦人と一角獣展」、東京展は来週までなので行ってきました。

これを知ったきっかけが「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」だと言う人も少なからず居ることでしょう。
アニメの中だとサイズは分かり辛かったのですが、実際はものすごく大きいものだったんですね。それぞれ多少の違いはある物の概ね3~4m四方はあるようです。

詳細についてはいろいろな方が書かれているのでそちらに譲るとして、この「貴婦人と一角獣」は130年間でフランス国外に出たことは一度しかないという、フランスが誇る至宝とのこと。
フランスのクリュニー美術館の改装が終わるまでの間貸し出して頂いているという巡り合わせなので、この期を逃すと日本では二度とお目にかかれないかもしれません。

東京展は来週、2013年7月15日(月・祝日)までですが、大阪展が国立国際美術館にて2013年7月27日(土)~10月20日(日)の日程で開催されますので、少しでも興味を持たれた方は足を運んでみては如何でしょうか。

2013.04.27

TVersityでNASのファイルを参照させる

うちではPS3やXbox360へのDLNA配信には TVersity を使っている。
前に取り上げた FUPPES は、当時サーバー機がLinuxしかなかったために使ってたけど、今はWindowsが居るのでこっそり TVersity に乗り換えましたw
で、TVersity が動作しているPCはXPだったのだが、最近Windows7のライセンスに余りが出たのでOSを入れ替えることに。

TVersity はVer2.xからライセンス登録が必要になってしまったので、完全フリーな1.9.7を使用。
取っておいて良かった。

設定なんかはインストールディレクトリにDBファイルで格納しているらしく、取り敢えず丸ごとコピーしてからインストールしたら問題無く設定が反映された。

しかし、いざ稼働させてみると、NAS側のファイルが全く登録されない。
以前にも同じ症状になった覚えがあったので、覚え書きファイル倉庫を漁ったらあったあった。
NASには一応、Windowsのログオンユーザーに対して認証をかけているため、それ以外のユーザーではアクセスが出来ない。TVersityはローカルスシステムユーザーの権限で動作しているためNAS内のファイルを読み取ることが出来なかったようだ。

これを回避するには
コントロールパネル-> 管理ツール -> サービス
から「TVersity Media Server」のプロパティを開き「ログオン」タブに移動。
アカウント」にチェックを入れ、NASにアクセス権限のある(ローカルやドメイン)ユーザーとそのパスワードを入力し、OKを押下。
これで TVersity Media Server を再起動すれば設定したユーザーでサービスが動作するため、NASへアクセスが出来るようになる。

ちなみにNASへのアクセス許可が Everyone ならこんな事しなくていいと思う。

PS3で確認したところ、ちゃんと反映されて再生も出来ましたとさ。

2013.01.16

NHK総合、SHERLOCK(シャーロック)

もしも、あの名探偵が現代に生きていたら…!?

と言うコンセプトのドラマのようですが、結構面白いです。
原作をモチーフにした話だったりレストレード警部が頼りなかったりさりげなくウホッをぶっこんでみたりイギリスどうした。

Season2が年始にやってたんですね。見のがしてしまった、、、残念。

2013.01.08

2013年 冬アニメ

2013/04/10 冬アニメなのに間違って春アニメって書いてた。失礼( ´・ω・)
 
取り敢えずQ1スタートで録画仕掛けたのは

・まおゆう魔王勇者
・D.C.III ~ダ・カーポIII~
・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
・八犬伝 -東方八犬異聞-
・キューティクル探偵因幡
・幕末義人伝 浪漫
・戦勇。
・GJ部
・閃乱カグラ
・僕は友達が少ないNEXT
・問題児たちが異世界から来るそうですよ?
・ビビッドレッド・オペレーション

ここらへん。
全体的に殆ど原作知らんがまぁ何となくでチョイス。
ダ・カーポは前作も録画だけしてたので流れ的に。

あと「キューティクル探偵因幡」がわかさトラップ持ちだった。
25:30なので油断してたぜ。

幕末義人伝とかルパン三世にしか見えない件。

2012.11.03

auひかりTVの番組をDVD/Blu-rayディスクに残す

※この記事の内容は2012/11/03時点にて確認している情報です。それ以降auひかりTV、STB等の仕様変更によりこの方法ではメディアのへの記録が出来ない可能性もありますのでご留意下さいませ。

※また、コメントスパムが非常に多く来るようになったためスパムフィルタを導入しています。日本語が10文字程度含まれていないと問答無用で無視してしまいます。
コメント入力後、キャプチャコードを未入力の状態で「送信」を押して「エラー: Empty CAPTCHA」と出るようであればキャプチャコードを入力すれば投稿可能なコメントとなります。何も出ずに元のページに戻るようであれば、何かかスパムフィルタに引っかかっています。

※2014/12/09 追記有り
※2016/11/08 追記有り

 
auひかりTVを契約してる兄から録画した番組をメディアに取り出したいという相談があった。環境の詳細を聞いたところSTBはST1100R、USB接続のHDDに番組を録画しているらしい。
他にあるAV機器はREGZA RD-BZ710。

軽く調べたところ、IO-DATAのRECBOXへのムーブは対応していて、RECBOXはRD-BZ710へのムーブは対応しているようなので、

ST1100R -> RECBOX -> REGZA RD-BZ710

でいけないかと思い試してみる。
(さらに…)

2012.04.10

コマンドプロンプトで文字列置換

ふと解決したので覚え書き。

アニメの録画後にDOSバッチつかって自動でtsファイルを分割したり分離したりしてるのだが、いずれも最後に番組名ごとのディレクトリに移動させている。

本来ならEPGの番組名を取得してそれをディレクトリ名に指定すれば良いのだが、テレ東などでは番組名の部分にサブタイトルを併記してしまっているため、これでは毎週新しいディレクトリが掘られてしまう。
それの回避策として自動検索予約のキーワードをディレクトリ名にするように組んでいるのだが、これも「not 否定キーワード」の検索否定条件がある場合

番組名 not 否定キーワード

と言うディレクトリが作られてしまい、なんだか格好が悪い。

ってなわけで、いままでは否定キーワードの置換部分を

※ setname に検索キーワードを格納

set setname=%setname: not ぷらす=%
set setname=%setname: not ベツバラ=%

等、バッチファイルに直打ちしていたのだが、

set setname=%setname:!=!%
setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION
set notname=%setname:* not =%
set setname=!setname: not %notname%=!
setlocal DISABLEDELAYEDEXPANSION

にして「not 否定キーワード」の部分を自動で取得するようにしてみた。
これで %setname% には「not 否定キーワード」が抜かれた文字列が格納される。もともと「not 否定キーワード」が無い場合はマッチしないので問題なし。

環境変数の遅延展開を使ってるので setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION 必須。
最後が ENDLOCAL じゃないのは、どうも遅延展開を通した変数は ENDLOCAL を指定した時点でクリアされてしまうみたいだから。
詳細は調べてないからわかんない。

因みにわざわざ遅延展開を無効に戻すのは、キーワード自体は1行目で全角の「!」に置換してるからいいんだけど、もしどこかの変数内に「!」等の文字が含まれていると遅延展開の変数だと思ってしまうみたいだから。
詳細は調べてないからわかんない。

setコマンドの置換にワイルドカードが後方一致でも使えればもっと簡単なんだけど、先頭でしか使えないのでこんな事になった。もっとも、番組名自体に「 not ~」的なタイトルを含む場合は問題が起こるが、それは手動で対処。

ぶっちゃけ何じゃこりゃなスクリプトだけど覚え書きだからいいやw
vbs書いた方が手っ取り早いというツッコミは無しの方向で。

2012.04.09

2012年春アニメ

そんなこんなで今年も桜と春アニメの季節がやってきました。
取り敢えず録画予約に入れてるのが

聖闘士星矢Ω
黒魔女さんが通る!!
LUPIN the Third
めだかボックス
戦国コレクション
あっちこっち
さんかれあ
ZETMAN
アクセル・ワールド
夏色キセキ
Fate/Zero 2ndシーズン
黄昏乙女×アムネジア
這いよれ!ニャル子さん
ヨルムンガンド
クイーンズブレイド リベリオン
エウレカセブンAO
シャイニング・ハーツ
氷菓

こんなところ。
なんだか今年の春は多いな、、、

「謎の彼女X」は取り敢えずいいかな、、、と。
あとは「ふしぎの海のナディア デジタルリマスター」を懐かしさのあまり予約。
また大塚ネモ船長に逢えます。

それよりも問題は2月に引っ越した関係上、新しい家のCATVではテレ玉とチバテレが受信できない。
STB経由では送信しているみたいなのだがパススルーしていないのだ。
意味が分からないので今度サポートに要望送っておこうかな。

tvkはパススルーされているがtvkの利点は局ロゴが無い事と音声が256kな事ぐらいでそれ以外は結局tvkなので、頼みの綱はTOKYO MX一択になる。
だが今回の予約には結構マルチ編成枠のすぐ後の枠で放映されるアニメがいくつかあるため、そこではいわゆる「わかさトラップ」が発動する。
分かり易く言うとTOKYO MXで24:30放映のアニメはもれなくわかさトラップ付きなのだ。

仕方ないから録画後スクリプトでTsSplitterを通して番組を分割する事にする。
念のため2週分ぐらいはtvkも録画して様子見中。
音ズレに関しては、どうせ個人用途なので体感できない程度なら気にしない。

アクセル・ワールドの第01話は本編より先に提供画面が来るため問題なし。
黄昏乙女×アムネジアも取り敢えず先頭がかける事も無く分割できた模様?
大丈夫そうならこのままMXで行こうかね。

Next »